Home>イチオシ情報>コンクリート工事をすれば安全を確保できる

セメントとコンクリートの違い

道路

セメント

セメントとは水や液剤などで硬くなるものを言います。そして、アスファルトや樹脂などを併せている接着剤のことを差しているのです。

コンクリート

コンクリートは砂や砂利、水などをセメントで硬めたものを言います。つまり、セメントとアスファルトなどを合体させたものがコンクリートとされています。

コンクリート工事をすれば安全を確保できる

ブロック塀を交換する理由と目安

最近、ニュースにもなっていましたがブロック塀が劣化して歩行者の邪魔をしたり、最悪のケースですと怪我人が出てしまったりする場合があります。その原因として、長い間雨や風、紫外線などにあたることによって、耐久性が弱くなってしまったことが考えられます。このようなトラブルに巻き込まれたくないのであれば、早めに専門業者に依頼するのが得策です。また、個人でブロック塀を処分しようとすると高額になってしまう恐れがあるので、専門業者に依頼するのが無難です。また、ブロック塀の耐用年数はだいたい10年前後となっているので、10年が経過したらできるだけ早くメンテナンスをするように心がけるといいでしょう。

悪徳業者にご用心

コンクリート工事の中でも多く知られているものはブロック塀工事だと言えるでしょう。しかし、ブロック塀を建てる時は2メートル以上の場合は確認申請をしなければ建築基準法となってしまう可能性があります。しかし、2メートル以下であれば許可なくブロック塀を作ることができます。そのことから、強度の弱いブロック塀を高額で請求される恐れも出てきます。ですので、ブロック塀工事を依頼するのであれば、評判の良い専門業者を見つける必要があります。